はなももブログ

2020.02.28更新

オスグット・シュラッター病

 

オスグットシュラッター病とは

脛骨粗面部の骨端症です。

 


骨端症』とは?

 

成長期の骨端部の阻血性壊死に由来する症患群のことをいいます。

なので壊死です。

 

骨端症も治るものと治らないものがあるとかないとか。。。

 

話を戻します!

 

オスグットシュラッター病は成長期の膝伸展機構の使い過ぎ(オーバーユース)が原因の、反復性の牽引力による脛骨粗面の裂離損傷です。


サッカー少年など、よく見かけます。

 

練習の制限やアイシング、ストレッチが効果的です。

 

オスグット

投稿者: はなもも整骨院 野木院